期間工について:はじめに

期間工ってなに?

更新日:

期間工って稼げるらしいけど、どんな仕事?給料は?誰でもなれるの?

そんな「期間工」についての疑問にお答えします。

期間工って何?

期間工とは、自動車工場や電子部品製造工場などで勤務する契約社員のことです。

「期間工」という呼び名のほかに、「期間従業員」「期間契約社員」といった呼ばれ方をすることもあります。

期間と付くだけあってその契約にはこまかく期限が決められています。それ期間を全うするごとに、通常支給額のほかに満了慰労金がもらえます。

契約期間は最短3ヶ月のところが多く、期間満了ごとに契約更新していけば、最長で2年11ヶ月働くことが可能。

期間工は自宅が遠い場合、会社が用意した寮にて生活することになります。

稼げるってほんと?

日給が約1万円前後と高額であるうえ、手当や慰労金が加算されるので、短期間で稼ぎたい人に人気です。

例:トヨタ

6ヶ月満了時 390,400円(満了慰労金207,400円+満了報奨金183,000円)

また寮費・光熱費がタダだったり、食費(寮の食堂)が格安だったりするところも多く、生活費がほとんどかからないところも魅力ですね。

何かを始めるにあたって資金が必要だったり、短期間で急遽お金を用意しなければいけないなどといった事情がある人にも、都合のいい労働システムと言えます。

採用されやすいってほんと?資格は必要?

特に資格が必要なく、常識があり、健康な成人であれば採用されやすいと言われています。学歴も重要視されません。

ただし健康面に不安がある人は難しいです。

中には比較的ラクな作業ですむ配属先もあるようですが、基本は肉体労働。慣れるまでは体力の消耗が激しいです。

タトゥー(入れ墨)がある人も、現段階では採用されづらいといわれています。

単純作業が主ですので、採用時にまったくの未経験でも問題ありません。

参考

期間工に向いているのはこんな人

仕事がキツイって聞くけどほんと?

 

体力勝負のところがあるのは事実です。

「キツイ」「労働環境の低さ」から、一ヶ月もたたずに逃げ出してしまう人も少なくないと言われています。

面接で「しんどいけど大丈夫?」と聞かれることも多いです。

ただ、1ヶ月~2ヶ月もすると、身体が慣れてくる人がほとんどです。最初つらくても辛抱して続けることがカギとなってきます。

そうなると今度は、単調な作業の繰り返しがつらいと感じる人が多くなります。

配属先によって仕事内容が違うため(選ぶことは不可)、比較的ラクな作業に当たればラッキー。

工場内の空調は、エアコンが効いているところとまったくないところとがあり、真夏or真冬は大変さに差が大きいです。

未経験でもOK?

基本的にまったくの未経験者でも採用・作業面において問題はありません。ただ経験者はスタートの給与がやや高かったりと優遇されることがあります。

配属先にてはじめに研修・指導の期間が必ず設けられています。

期間工経験者の口コミ

まとめ

  • 期間工は期限付きの契約社員である
  • 短期間でしっかり稼ぐことが可能
  • 経験・学歴問わずで採用されやすい
  • 慣れるまでは体力勝負

以上が期間工の簡単な説明となります。

メリット・デメリットがはっきりしている少し特殊な仕事になりますが、「大きく稼ぎたい」を実現するにはなかなか魅力的な働き方です。

もし興味がある人は、入社祝い金や契約手当が課金され、面接時に手厚いフォローがしてもらえる派遣業者を通すことをおすすめします。

-期間工について:はじめに

Copyright© 期間工ジョブ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.