期間工について:気になるあれこれ

期間工で働く場合住所変更は必要?

投稿日:

期間工で働くことが決まり、いざ寮へ引っ越し!という時、「住民票はどうするのか?」という疑問があると思います。通常は生活を主とする居住地が変わる場合、転居から14日以内に住民票を移すと法で定められています。では期間限定で住むだけでもそれは必要なのでしょうか?

まず答えからいうと、急いで移す必要はありません。

期間工は例外として認められることが多い

期間工は文字通り、定められた期間働くという契約が前提にあります。契約期間が満了して更新することももちろんありますが、いつかは実家なり本宅へ戻ると可能性が高い場合は住民票を移動しなくても問題ありません。生活の拠点が自分以外の家族が住んでいる住所、また一人住まいの場合でもそれまで生活をしていた物件の住所があればいいです。

住民表を移さないデメリット

住民票を移さないメリットは手間が省けることというのが大半ですが、ではデメリットはあるでしょうか。
よく言われるのが次の3点。

  • 1寮周辺のサービスを受けられない場合がある
  • 2運転免許の更新が不便
  • 3転居先の選挙権がない

1 寮周辺のサービスを受けられない場合がある

たとえば市が運営する図書館を利用できないなど、市町村のサービスが受けられないことがあります。市町村税で賄っているものは仕方ないところですね。

2 運転免許の更新が不便

運転免許証は住民票の住所に更新ハガキが送られてきますので、注意が必要です。更新を忘れてしまっては大変です。更新はゴールド免許保持者なら最寄りの警察署で手続きができますが、違反してしまった人やブルー免許といわれる一般運転者の場合は指定の運転免許センターに行く必要がありますので、寮から遠方の場合は不便ですね。

3 転居先の選挙権がない

期間工として働くためだけに寮に住んでいるのならあまり気にする人はいないと思いますが、住民票を移していなければ当然選挙権はありません。もしその土地に愛着がわき行く末を案じる気持ちになったときは、住民票を移動して選挙権を得るといいでしょう。

期間工で働くばあい、住民票は移動するかどうかのお話でした。参考にしていただけたなら幸いです。

-期間工について:気になるあれこれ

Copyright© 期間工ジョブ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.